Mobile Edition
By Blogger Touch どくだみ | CRMS福島 リポート

ホールボディカウンタの測定申込について



ホールボディカウンタの測定申込について


ホールボディカウンタの測定申込について随時受け付けをしております。(1ヶ月先の分まで)

11:00~13:00、14:00~18:00の時間にお電話での申し込みください。(FAXは不可)
お申し込み電話番号 : 024-573-5697

又はメールにてお申し込み下さい。

MAIL: crms.info@gmail.com

詳しくはこちら のページを読んでいただき、お申込み下さい。


食品測定のコースと申し込みについて

食品測定のコースと申し込みについて


NPO法人 CRMS市民放射能測定所 福島では「NaIシンチレーター」と「ゲルマニウム半導体検出器」の
二種類の測定コースを用意しています。

こちら のページにある説明を読んでいただき、ご希望のコースをお選び下さい。







どくだみ


「お買い物プロジェクト」の中で驚愕の数値を出したものがありました。
それが「どくだみ」です。



測定を始めた段階で早くもピークが見えるほどでした。
測定開始からわずか2分30秒でこのピークの立ち方です。




そして測定結果はつぎのようになりました。



4027±41.5Bq/kg という、食品としてはありえない数字です。
以前、紅葉山公園の落ち葉を測った時でさえ、セシウム合算で1836Bq/kgでした。







厚生労働省は緑茶に関しては飲む状態にした時に飲料水と同じ基準値(10Bq/kg)であれば
流通OKとしているので、どくだみ茶もそれに準じてOKなのか?
出荷している側がそれに沿って測定して出しているのだろうけど、念の為お茶にしても測定しました。
ただ、これだけ高い数値のどくだみなので普段使用している物は使いたくありません。
という事でボウルを使用する事にしました。


どくだみから抽出するのに十分な時間をおいて測定を開始。
その結果は…。




わずかセシウム合算5.6Bq/kgという結果です。
あれだけ高い数値の葉からでも僅かこれだけしか抽出されないようです。
実際はどくだみ茶はもっと煎じて飲むようなのでもう少し高い数値になるかもしれませんが…。
しかし、どちらにしても納得がいきません。
飲む状態で飲料水と同じ基準値内に納まるとしても、元の葉は4000Bq/kgもあります。
一袋80gなのでそれだけでも320Bqもあるのです。
セシウムが絡まない他の食品の基準だったら、幼児が万が一口にするかもしれないのですから
こんなのまかり通るとは思えません。


その後、どくだみ茶は緑茶とは淹れ方が違うので、それ用の基準や測定の仕方があるのではと
検索したら厚労省が出していました。
それが【平成24年7月5 日付け食安基発0705第1号「食品中の放射性物質に係る基準値の
設定に関するQ&Aについて」】でした。
それによると、どくだみ茶は一般食品と同じ基準(100Bq/kg)と書いてあります。
下の赤枠の部分がそれについて触れている箇所です。



これに従えば、CRMS福島の測定値からの計算だと単純に80000Bq/kgまでOKとなります。

これを見て、決めました。
この「どくだみ」は県庁の環境保全農業課に連絡します。
たとえ測定して出荷しているのだとしても、これを流通させるのは納得出来ません。

さて、それでは連絡後にまた続きを書きます。

(あべひろみ)